トップ > お知らせ

お知らせ

564件表示

2020年10月12日(月)
【10/15-12/22】京都からやってきた妖怪たち
旬の特集
国際日本文化研究センター(京都市西京区、以下「日文研」)は、これまで、日本文化に対する新しい視点の獲得や国際的な位置付けなど、日本文化研究に大きな足跡を残してきました。そうした新しい日本文化の研究テーマのひとつとして「妖怪」があり、「妖怪関係資料の収集」「妖怪関連のデータベース作成」などの研究成果をあげてきました。
日本初の妖怪博物館である当館と、日文研は、ともに妖怪文化を社会へ広く発信する施設であるという点で一致しています。そこで、日文研がこれまでに収集してきた妖怪関連資料を当館で展示し、

【会期】
 10月15日(木)~12月22日(火)
   <1期>10月15日(木)~10月27日(火)
   <2期>10月29日(木)~11月10日(火)
   <3期>11月12日(木)~11月24日(火)
   <4期>11月26日(木)~12月8日(火)
   <5期>12月10日(木)~12月22日(火)

【休館日】
 毎週水曜日

【開館時間】
 9時30分~17時(入館は16時30分まで)

【会場】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館 企画展示室

【入館料】
 一般:480円
 高・大学生:320円
 小・中学生:160円
 ※「チームラボ妖怪遊園地」に入場の場合、料金が異なります。
 ※特別展・常設展は共通のチケットです。

【関連イベント】
 ■もののけシンポジウム「怪異・妖怪研究と日文研」
  日時:11月15日(日)14:00
  会場:三次ふれあい会館(三次市三次町1828-5)
  ・基調講演「なぜ妖怪を研究するのか」
    講師:小松和彦(国際日本文化研究センター 名誉教授)
  ・研究報告「怪異・妖怪研究の軌跡と展望」
    報告:常光徹(国立歴史民俗博物館 名誉教授)
  ・研究報告「日文研妖怪コレクションの見どころ」
    報告:木場貴俊(国際日本文化研究センター プロジェクト研究員)
  ・パネルディスカッション「怪異・妖怪研究と日文研」
    パネラー:小松和彦(国際日本文化研究センター 名誉教授)
          常光徹(国立歴史民俗博物館 名誉教授)
          湯本豪一(湯本豪一記念日本妖怪博物館 名誉館長)
    コーディネーター:木場貴俊(国際日本文化研究センター プロジェクト研究員)
  定員:75名
  参加費:無料
  申込方法:往復はがき
   往信文面に代表者氏名、代表者住所、代表者電話番号、参加申込人数(2名まで)を明記の上、
   10月30日(金)必着で下記までご応募ください。
   《宛先》〒728-0021 広島県三次市三次町1691-4 湯本豪一記念日本妖怪博物館 もののけシンポジウム係     

【お問合せ】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館
 ☎0824-69-0111
 https://miyoshi-mononoke.jp
詳細
2020年10月15日(木)
【11/1】みよし紅葉まつり 開催
旬の特集
 秋の尾関山を彩る「第8回みよし紅葉まつり」を、尾関山公園で行います。
ステージでは「子ども達が主役の三次の秋祭り」と謳い、落語・けん玉・歌唱ライブなど各種アトラクション、ステージ前広場には地元産品や味覚の飲食ブースに加え、前夜祭としてレコードを使ったDJイベント「JAZZナイト」を行います。また、「紅葉まつり」前後、例年同様に紅葉ライトアップも実施します。
 モミジの周辺に竹の造作物を使ったインスタレーションを配する空間や、三次の風物を描いた和傘を飾るなどした空間演出も行います。
 コロナ禍により残念ながら中止としました春の「さくら祭」の代替としても開催します本イベント、感染防止にご協力頂きつつ、ご観覧ください。
※マスクの着用、公園内に配する手指消毒液利用を必ずお願いします。
※こまめな手洗いにもご協力ください。

【開催日】
 令和2年11月1日(日)10時~16時

【場所】
 尾関山公園山頂広場・清心池周辺・西側遊歩道の一部
 (三次市三次町439-3))

【関連イベント】
 「紅葉まつりJAZZナイト」
  開催日:令和2年10月31日(土)18:00~
  場所:尾関山公園 清心池前
  ・レコードを使ったDJイベント

 「MIYOSHIもみじマルシェ」
  開催日:令和2年11月1日(日)11:00~16:00
  場所:三次もののけミュージアム
  ・関連グッズの販売、市内飲食店の屋台
  ・神楽上演(穴笠神楽団)
  ・敷地内に展示のSL(48650型蒸気機関車)運転席公開、車両解説など

【紅葉ライトアップ】
 期間:10月24日~11月23日、17:15~20:30
 ・清心池周辺、西側遊歩道~中村憲吉歌碑周辺

【入場・観覧料】
 無料(屋台等物販は実費)

【お問合せ】
 みよし紅葉まつり実行委員会(三次市観光協会)
 TEL:0824-63-9268
詳細
2020年10月06日(火)
もののけハロウィン
旬の特集

2020年10月30日(金)-10月31日(土)に日本初の妖怪をテーマにしたハロウィンイベント「もののけハロウィンin三次」を開催します!


広島県三次市は、江戸時代以降、現代にいたるまで、絵本や絵巻、漫画の題材にもなり、全国の広い範囲にわたって伝承されている妖怪物語「稲生物怪録(いのうもののけろく)」の舞台であることから「もののけの里」と言われています。


この「もののけの里・三次」で疫病など人知を超えた現象に由来するものとして、畏れ、時には敬いながら共存してきた「妖怪・もののけ」をテーマに【三次もののけミュージアム】【卑弥呼蔵】の2つの会場で“悪病退散”を願って「もののけハロウィン」を開催します。


イベントサイト 

https://mononoke-halloween.com/
詳細
2020年10月20日(火)
【11/3-12/20】生誕140周年 熊谷守一展
旬の特集
「画壇の仙人」、「超俗の人」など、世俗から離れたイメージで世に紹介されている熊谷守一。単純な形態と明快な色彩によって構成される、いわゆる”モリカズ様式”は多くの美術ファンの心を捉えて離しません。
本展では、熊谷がその画業の中で繰り返し、あるいは少しずつ変化を加え、見つめ続けたさまざまなテーマなどを通して、どのように絵と向き合ったかを探ります。
代表作を含む油彩画を中心に日本画、書などおよそ150点の作品を通して、「わたしはわたし」を貫いた稀代の画家の全貌をお楽しみください。

【会期】
 2020年11月3日(火・祝)~12月20日(日)
 ※会期中の休館日 : 毎週水曜日(ただし11月4日は開館)

【会場】
 奥田元宋・小由女美術館 企画展示室
 (三次市東酒屋町10453番地6)

【開館時間】
 9:30~17:00(入舘は閉館時間の30分前まで)
 ※11月30日は満月のため閉館時間を20時まで延長

【入館料】
 ●一般 : 1,000(900)円
 ●ペアチケット〔一般男女のペアが対象〕 : 1,800円(2名分)
 ●高校・大学生 : 500(400)円
 ●中学生以下 : 無料
 ※( )内は20名以上の団体および前売料金
 ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方は観覧無料

【常設展】
 奥田元宋・奥田小由女の世界

【連携イベント】
 ■映画上映会「モリのいる場所」
  日時:10月24日(土)14時上映(13時開場)
  会場:三次市民ホールきりり大ホール
  参加費:一般 1,700(1,600)円
       シニア(60歳以上) 1,400(1,300)円
       3歳~高校生 1,000(1,000)円
       障がい者手帳をお持ちの方 1,000(1,000)円
      ☆上映会参加者は本展に無料でご入場できます
  詳細は三次市民ホール(☎0824-62-2222)へお問合せください。
  

【お問合せ】
 奥田元宋・小由女美術館
 ☎0824-65-0010
 URL:http://www.genso-sayume.jp/index.html
詳細
2020年10月04日(日)
【10/3-11/29】中村里子 夢の結晶(三良坂平和美術館)
旬の特集
【開催期間】
 令和2年10月3日(土)~令和2年11月29日(日)

【開館時間】
 9:00~17:00

【場所】
 三良坂平和美術館
 (三次市三良坂町三良坂2825-1)

【休館日】
 毎週月曜日(11月23日は開館)

【入館料】
 一般:  400円(300円)
 65歳以上:300円(200円)
 高校生: 200円(100円)
 中学生以下無料
 ※( )内は20名以上の団体料金
 ※障害者手帳等保持者入館料無料

【お問合せ】
 三良坂平和美術館
 TEL:0824-44-3214
詳細
2020年09月29日(火)
【10/2-11/23】魅惑の古代アクセサリー(みよし風土記の丘ミュージアム)
旬の特集
みよし風土記の丘ミュージアム
令和2年度秋の特別企画展
「魅惑の古代アクセサリー」

古来より、人々は様々な素材から成る装身具で身を飾っていました。
とりわけ古墳時代には、玉類を組み合わせてできた首飾りなど、きらびやかな装身具が多数存在します。
このようなアクセサリーの歴史は、現在も続く長いものです。
人はなぜアクセサリーに心惹かれるのでしょうか。
本展では、主に古墳時代の玉類をはじめとする多様な装身具をとおし、現代の私たちをも魅了する古代のアクセサリーの魅力に迫ります。

【会場】
 みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)
 (三次市小田幸町122)

【会期】
 令和2年10月2日(金)~11月23日(月・祝)

【開館時間】
 9:00~17:00(入館は16:30まで)

【入館料】
 一般:600円(480)
 高校・大学生:450円(360)
 小・中学生: 300円(240円)
 ※( )内は20名以上の団体料金
 ※次の方は入館料が免除になります。
    ①身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、(障害者手帳)の交付を受けている方
    ➁高等学校までの学校教育活動として入館する園児・児童・生徒及び引率者

【関連行事】
 ※新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を取ったうえでの実施となります。また、状況によっては、各種イベントを延期・中止する場合があります。最新情報は、同館のホームページでご確認ください。
■第1回記念講演会「古墳時代の玉文化と玉作り」
  講師:米田克彦(岡山県古代吉備文化財センター主幹)
  日時:令和2年10月17日(土)14:00~16:00
  定員:50名(事前申込・先着順)
■第2回記念講演会「玉からみた古代の色彩と信仰」
  講師:廣瀬時習(大阪府立近つ飛鳥博物館 副館長兼学芸課長))
  日時:令和2年11月14日(土)14:00~16:00
  定員:50名(事前申込・先着順)
■展示解説会
  解説:同館学芸員
  日時:令和2年10月25日(土)、11月22日(日)14:00~15:00
 ※特別企画展の入館券が必要です
■ワークショップ「古代の方法で勾玉をつくろう!」
  講師:同館学芸員
  日時:令和2年10月18日(日)10:00~12:00
  材料費:200円
  定員:20名(事前申込・先着順)
■スペシャルイベント「つくってみよう!古代の首飾り」
  日時:10月4日(日)、11月1日(日)・15日(日)
     各10:00~15:00
  材料費:200円(基本セット)から
  定員:20名(当日受付・先着順)

記念講演会・ワークショップの申込方法・・イベント名、名前、年齢、住所、電話番号を記入の上、Eメール、FAX、はがきのいずれかで同館までお申し込みください。小学生以下は保護者の同伴が必要です。

【お問合せ】
 みよし風土記の丘ミュージアム
 HP:https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/rekimin/
 ☎0824-66-2881
詳細

イベントカレンダー

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

Direct Access from Hiroshima Bus Terminal

Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト