観光PR動画みよしのみよし

最新のお知らせ

  • ■「ゆるキャラグランプリ2017」きりこちゃんエントリー中!■
  • 三次観光イメージキャラクター「きりこちゃん」が「ゆるキャラグランプリ2017」にエントリーしました。全国の皆さんに三次を知ってもらうために、上位をめざして頑張ります。ご家族やご友人にも声をかけていただき,皆さんできりこちゃんに投票してください!【投票期間】平成29年8月1日(火)~11月10日(金)【結果発表】平成29年11月18日(土)・19日(日)投票は,1日1回,パソコン・スマートフォン・携帯電話からできます。最初にID登録が必要です。投票方法などの詳細は,「ゆるキャラグランプリ2017」のホームページ(http://www.yurugp.jp/index.php)をご覧ください。
  • 【8/19】第28回みよし市民納涼花火まつり
  • 「誇れるまち みよし ~歴史と未来の道~」 90年の昔に、三次厳島神社の管弦祭で一発の花火を打ち上げたことが三次の花火の始まりといわれます。中国自動車道と中国やまなみ街道の交差する土地をイメージしたクロス花火、三次の「霧の海」をモチーフとした観光イメージキャラクター「きりこちゃん」等型物花火など、見どころ満載。打ち上げ場所の近くで観覧できるため、三次盆地の音響効果もあってダイナミックな迫力です。特にフィナーレの音楽シンクロ花火は圧巻の見応えです。☆路上駐車、民地への無断駐車などの迷惑行為は絶対におやめください。 今後の花火まつり開催に支障を来します。■「駐車場満車率」サイトをオープンしました。当日の駐車場満車状況を確認できます。 8/19の開催当日より稼働しますので、上記QRコード又は下部のリンクよりご参照ください。■「交通規制情報」を作成しました。上記QRコード又は下部のリンクからご参照ください。■「駐車場情報」を作成しました。駐車場マップ等をご覧いただけます。 上記QRコード又は下部のリンクからご参照ください。■当日、開催場所周辺ではたいへんな交通渋滞が予想されます。 高速道路経由でマイカーにてお越しの方は、三次インターチェンジの他、 三次東インターチェンジも是非ご利用ください。■JR三次駅から開催当日の「臨時列車運転・時刻変更のお知らせ」です。 下部のリンクからご参照ください。■駐車場等の心配なくお越し頂けるバスツアーを企画する旅行会社もあるようです。 下部のリンク「バスツアーの例」からご参照ください。【開催日】2017年8月19日(土)小雨決行【開催時間】19:30~21:00【荒天時対応】9月2日(土)に延期【開催地】三次市 巴橋下流(十日市西・三次町)【駐車場】十日市親水公園駐車場、十日市中学校グランド等、計約1000台 【個人協賛】 1口:2,000円(募集口数:先着300口・お一人様5口まで協賛可) ※ 7月17日午前10時より観光協会窓口のみで受付開始。翌18日より電話受付開始。 ※ 特典:1口で1人分のスペース(座布団・うちわ付)を利用可能 ※ 小学生以上を1人分として取り扱い。幼児は保護者の膝の上で観覧可能。但し席が必要な場合は別途申込要。【お問合せ】 第28回みよし市民納涼花火まつり実行委員会(三次市観光協会内) 三次市十日市南一丁目2-23 三次市交通観光センター ☎0824-63-9268/fax0824-63-1179☆このページは随時更新します。
  • 第28回みよし市民納涼花火まつりフォトコンテスト
  • 【テーマ】平成29年8月19日(土)開催の「第28回みよし市民納涼花火まつり」で、三次の情景を表現した作品。【募集締切】平成29年9月8日(金)必着【応募規格】①カラープリントキャビネ(2L版不可)4ツ切(ワイド可)②銀塩プリント(パソコンプリントでは良質な色が出にくい為)③応募出品数 1人5作品まで【応募方法】フォトコンテスト応募用紙に記入のうえ各応募作品の裏面に貼付し、(一社)三次市観光協会まで送付またはご持参ください。【審査】写真専門家および主催者が審査【発表】入賞者本人に書類通知並びにCCプラザ、サングリーンに全応募作品を展示(審査結果にかんする電話等でのお問合せはご遠慮ください。)【入賞】最優秀賞(1作品) 30,000円優秀賞(1作品) 15,000円佳作(3作品) 5,000円【入賞者の注意】①入賞作品のネガ・ポジ・データ等をご提供いただきます。提出のない場合は入賞は無効になります。②入賞作品のネガ・ポジ・データの版権は主催者に属します。③入賞作品は、一般社団法人 三次市観光協会並びに関係機関の広報等に使用させていただきます。【応募先・お問合せ】〒728-0014広島県三次市十日市南一丁目2-23 三次市交通観光センター1F一般社団法人 三次市観光協会「第27回みよし市民納涼花火まつり実行委員会」宛☎0824-63-9268/FAX0824-63-1179
  • 【6/1~9/10】三次の鵜飼
  • 【運航期間】平成29年6月1日(木)~9月10日(日) ※荒天をのぞく<鵜飼まつり6月3日(土)>と<みよし市民納涼花火まつり8月19日(土)>は、一般のご予約を承っておりません。【運航時間】19時30分~(19時00分までに受付にお越しください)【場所】鵜飼乗船場 三次市十日市親水公園内【アクセス】中国自動車道 三次ICから車で約15分尾道松江道 三次東ICから車で約15分芸備線三次駅から徒歩で約15分【ご予約】乗船には事前のご予約が必要です。乗船希望日の前日の17時までに三次市観光協会までご連絡ください。【料金】≪乗合乗船料金≫◆日~木曜日                       大人  3,000円 (腰掛付き 3,500円)小学生 1,500円 (腰掛付き 1,750円) ◆金・土曜日大人  3,300円 (腰掛付き 3,800円)小学生 1,650円 (腰掛付き 1,900円)※団体割引・・・・乗船料10%引き (大人・小人合わせて15名以上で団体とします)※船内は禁煙です※子供は1歳以上12歳未満(小学生含む)の幼児・子ども2名をもって大人1名に換算します。幼児は無料ですが人数に加算します。≪貸切乗船料金≫◆日~木曜日11名乗り 30,000円腰掛付き(10人乗り) 32,000円◆金・土曜日11名乗り 33,000円腰掛付き(10名乗り) 35,000円≪サービスデー/6・9月の月曜日~木曜日≫◆乗合乗船料大人  2,700円 (腰掛船 3,200円)小学生 1,350円 (腰掛船 1,600円)◆貸切乗船料11名乗り 27,000円腰掛付き(10名乗り) 29,000円※他の優待券・団体割引等の重複不可≪こども優待パック≫※土曜日は除く1艘貸切 15,000円子供会などの行事にご利用ください。※乗船定員大人10名分(子どもは2名で大人1名分)※子供だけでの乗船はできません。安全のため、1艘に付き大人2名以上5名までの同伴が必要です。≪宿泊パック≫ 乗船料+1泊2食付き11,000円(三次グランドホテル)9,500円(ビジネスホテルニューたか)乗船料+夕食代+宿泊代(朝食付)のセット。夕食は船内でのお弁当となります。※腰掛付き乗船は500円増※表示料金は金・土曜日の料金です。サービスデー(6月.9月の月~木曜)通常(日~木曜)の料金は割引になります。【お食事】※要予約≪船内料理≫鮎料理1人前 4,860円(税込)※貸切乗船のみ※船一艘に付きサービス料金6,000円が必要です。※鮎料理は、塩焼き、刺身、フライ、寿司、鮎汁をご用意いたします。※仲居が乗船致しますのでお客様の定員は1名減となります。≪弁当≫・鵜飼御膳(お茶付き) 1人前3,250円(税込)・幕の内(お茶付き) 1人前1,950円(税込)【ご注意】◆全ての表示は税込料金です。◆ご予約・お申込みは、ご希望日の前日17時までにお済ませください。◆キャンセル料金は前日17時までは無料、当日の場合は乗船料と弁当代全額を申し受けます。◆船内は禁煙です。◆募集ツアーで、その団体だけでの貸切希望の場合は貸切料金を適用します。◆鵜飼遊覧中の急激な天候変化に備え、なるべく携帯用のレインコートをお持ちになることをお勧め致します。◆期間中、増水・濁流・強風により、直前でも出航を中止する場合がございます。その際、お客様との連絡を行うため、お申込み時に携帯電話番号を承ります。◆犬・猫等のペットを伴ってのご乗船は、鵜飼運航上支障をきたし、また、他のお客様にご迷惑になりますので固くお断り致します。【ご予約・お問合わせ】 (一社)三次市観光協会 ☎0824-63-9268  FAX0824-63-1179E-mail miyo-344@bz01.plala.or.jp(ご予約の場合はお早めにご連絡ください)〒728-0014広島県三次市十日市南1丁目2-23 三次市交通観光センター1階
  • 【8/26】江の川夏まつりinさくぎ
  • 江の川の涼しさ・素晴らしさをステージや食、アクティビティで演出します。名物・たらい漕ぎレースにもぜひ挑戦してみてください。第1部【日時】 2017年8月26日(土)9:00【場所】 江の川カヌー公園さくぎ(三次市作木町香淀116) 【内容】  9:00 たらい漕ぎレース(小・中学生500円、高校生以上1000円) 11:00 かっぱ道場(無料。鮎のつかみ獲り~塩焼き、投網体験) 12:15 たらい漕ぎ体験(200円。中学生以下)【お問合せ】 江の川カヌー公園さくぎ(0824-55-7050)第2部【日時】 2017年8月26日(土)18:30【場所】 川の駅常清(広島県三次市作木町下作木1537)【内容】 神杉チンドン一座 ふれあい交流タイム 夜桜冬美ショー お楽しみ抽選会 地元の食を楽しむ屋台【お問合せ】 作木町自治連合会(0824-55-2115)
  • 【7/30-8/27】第12回 広島県日本画協会小品展
  • 【期間】 2017年7月30日~8月27日【開館時間】 午前10時~午後5時【場所】 美術館あーとあい・きさ 広島県三次市吉舎町吉舎546-1【入館料】 大人 400円、65歳以上 300円、高校生200円 中学生以下及び身体障害者手帳など所持者及び介助者は無料【休館日】 月曜日【お問合せ】 0824-43-2231☆7月30日(日)オープニングイベントがあります。10:00 セレモニー10:30 ギャラリートーク13:30 ワークショップ「夏をテーマに描こう」   対象:幼児・小学生20名とその保護者   参加費:無料   持ち物:クレヨンかクレパス・古タオル・飲み物   申し込み:7月17日まで 
  • 【4/15~9/24】辻村寿三郎「新・八犬伝 伏姫」
  • 【会期】平成29年4月15日(土)~平成29年9月24日(日)【休館日】水曜日(祝日の場合は翌平日)【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)【会場】辻村寿三郎人形館(三次市三次町1236)【入館料】一般 800円(700円)、学生 400円(300円)、中学生以下及び障害者手帳等ご提示の方は無料※( )内は10名様以上の団体料金【お問合せ先】辻村寿三郎人形館 ☎0824-64-1036
  • 【5/21〜11/5】三次歴史塾「史跡の小宇宙探索」
  • ~ 三次の歴史を知って、見て、感じよう! ~三次歴史塾「史跡の小宇宙探索」【日程】 No.1 5/21(日)13:30~ 広島県歴史民俗資料館にて「日本霊異記に出てくる『三谷寺』は寺町廃寺なのか」 No.2 7/16(日)16:30~ 三次市生涯学習センター交流ホールにて「体感鵜飼 ~三次の伝統に触れ合おう~」 No.3 7/27(木)14:00~ 吉舎町艮神社にて「後鳥羽上皇伝説と三次」 No.4 9/10(日)13:30~ 運甓居にて「頼杏坪と備北地方」 No.5 10/22(日)13:30~ 三次町(鳳源寺)にて「三次町フィールドワーク ~三次藩城下町を歩いてみよう~」 No.6 11/5(日)13:30~ 比叡尾山城にて「三吉氏と比叡尾山城 ~藤原氏と佐々木氏~」【定員】 20名(申込先着順。定員になり次第締め切りますのでご了承ください)【参加費】 無料。ただし、 No.2「体感鵜飼」は、乗船・お弁当代が別途必要。 No.6「三吉氏と比叡尾山城」は、バス代が別途必要。【主催】 三次地方史研究会【お問合せ】 株式会社 暮らしサポートみよし 電話:0824-68-1233 FAX:0824-63-7575【お申込み】 申込書にご記入の上、ご持参ください。 電話・ファックスでも申し込みいただけます。
  • 三良坂平和美術館 平和展(前・後期/平和の灯ろう展示)
  • ” 本展では、三良坂平和美術館が所蔵する柿手春三の油彩画と彼と深いかかわりのあった作家の作品から、芸術を通し「平和」を考え表現し続けた人々の心の内に迫ります。 前期展では、1928年(昭和3)画家を志し上京した柿手が池袋の雀が丘の住民となり、寺田政明・麻生三郎・福沢一郎らとともに新しい絵画芸術を求め切磋琢磨していた時代の作品をご紹介します。 後期展では、広島に帰った柿手が教員をしながら戦後の「平和」を表現することに精力を注いだ仲間と教え子達の作品をご覧いただきます。 柿手春三は84歳でその生涯を閉じます。ぎりぎりまで常に新作を手掛け、作品に手を入れ、「画家」として生き続けました。また、世界の情勢や社会問題などにも関心を持ち、鋭い批判もし、自らの信念によって様々な活動もしました。柿手が芸術を通して訴えたかった「平和」とは何か?「平和展」と名付けたこの絵画展への思い。それらを皆さまとともに考える場にできればと願っております。”【期間】 前期:6月10日~7月9日 「柿手とその仲間たち 東京編」 平和の灯ろうコンテスト作品展:7月14日~7月30日 後期:(8月5日~9月10日) 「柿手とその仲間たち 広島編」【開館時間】 午前9時~午後5時【場所】 三良坂平和美術館 (三次市三良坂町三良坂2825)【休館日】 毎週月曜日(7月17日は開館)【入館料】 一般:400円 65歳以上:300円 高校生:200円 中学生以下:無料【主催】 三良坂平和美術館 TEL:0824-44-3214

詳細はこちら

みよし観光おすすめコース

詳細はこちら

みよしの天気

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

ぶらり中国ドライブパス2017