三次の宝を見に行こう!三次の宝を見に行こう!

三次の神楽

美しく華やかに舞う、受け継がれゆく伝統芸能。

神楽とは五穀豊穣を祈り、祖先の魂を鎮める舞のことです。また神楽は、神社の例祭などで神の降臨を仰ぎ、神に祈り、神に感謝して奉納されてきた伝統芸能です。

神社の奉納神楽では、初めに神降ろしや神迎えなどの儀式舞が舞われ、そのあと神と人がともに楽しむ能舞に移っていきます。能舞の多くは神話や日本各地の伝説、歴史的な出来事を取り入れた演目が中心で、物語性の強い芸能的な舞に仕上げられています。衣装が豪華で、リズムやテンポが速いものが多く、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に受け入れられ、各地で共演大会が開かれています。

  • 演舞を行う3人の演者
  • 鬼と人間の演者
  • 煌びやかな着物を着た2人の男性

太平洋戦争以前から演じられている演目は“旧舞”、それ以降に創作された演目は“新舞”と呼ばれています。旧舞の主なものには、天の岩戸・八岐大蛇・塵倫・鍾馗・大江山などがあり、新舞には鈴鹿山・悪狐伝・紅葉狩・滝夜叉姫・葛城山などがあります。

三次市で舞われる神楽は、多く分けて「石見神楽の伝統をくむ芸北神楽」「備後神楽」「比婆荒神神楽の流れをくむ神楽」の3種類に分類されます。「芸北神楽」は石見神楽の系統で、江戸時代後期に石見地方から広島県北部に伝わり、昭和の中頃から独自の発展を遂げてきました。今では演出に工夫が凝らされた華麗な舞として、広島神楽の代名詞的存在になっています。「備後神楽」は広島県中部の備後地方で舞われている神楽で、三次市南部では三谿神楽と呼ばれていました。他の神楽とは異なって発展し、衣装は質素で、登場人物は多く、長時間(8時間以上)にわたって演じられるのが特徴です。

***

三次市には広島県無形民俗文化財の「神楽-鈴合わせ-」の保護団体である伊賀和志神楽団をはじめ、布野神楽団、横谷神楽団、茂田神楽団、穴笠神楽団などの石見系の神楽団が多くあり、子ども神楽団も結成されて伝統の継承が行われています。

桜と宝船のイラスト

BACK

三次観光サイト

ページトップ