トップ > お知らせ > 【10/15-12/22】京都からやっ…

【10/15-12/22】京都からやってきた妖怪たち2020年10月12日(月)

旬の特集

国際日本文化研究センター(京都市西京区、以下「日文研」)は、これまで、日本文化に対する新しい視点の獲得や国際的な位置付けなど、日本文化研究に大きな足跡を残してきました。そうした新しい日本文化の研究テーマのひとつとして「妖怪」があり、「妖怪関係資料の収集」「妖怪関連のデータベース作成」などの研究成果をあげてきました。
日本初の妖怪博物館である当館と、日文研は、ともに妖怪文化を社会へ広く発信する施設であるという点で一致しています。そこで、日文研がこれまでに収集してきた妖怪関連資料を当館で展示し、

【会期】
 10月15日(木)~12月22日(火)
   <1期>10月15日(木)~10月27日(火)
   <2期>10月29日(木)~11月10日(火)
   <3期>11月12日(木)~11月24日(火)
   <4期>11月26日(木)~12月8日(火)
   <5期>12月10日(木)~12月22日(火)

【休館日】
 毎週水曜日

【開館時間】
 9時30分~17時(入館は16時30分まで)

【会場】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館 企画展示室

【入館料】
 一般:480円
 高・大学生:320円
 小・中学生:160円
 ※「チームラボ妖怪遊園地」に入場の場合、料金が異なります。
 ※特別展・常設展は共通のチケットです。

【関連イベント】
 ■もののけシンポジウム「怪異・妖怪研究と日文研」
  日時:11月15日(日)14:00
  会場:三次ふれあい会館(三次市三次町1828-5)
  ・基調講演「なぜ妖怪を研究するのか」
    講師:小松和彦(国際日本文化研究センター 名誉教授)
  ・研究報告「怪異・妖怪研究の軌跡と展望」
    報告:常光徹(国立歴史民俗博物館 名誉教授)
  ・研究報告「日文研妖怪コレクションの見どころ」
    報告:木場貴俊(国際日本文化研究センター プロジェクト研究員)
  ・パネルディスカッション「怪異・妖怪研究と日文研」
    パネラー:小松和彦(国際日本文化研究センター 名誉教授)
          常光徹(国立歴史民俗博物館 名誉教授)
          湯本豪一(湯本豪一記念日本妖怪博物館 名誉館長)
    コーディネーター:木場貴俊(国際日本文化研究センター プロジェクト研究員)
  定員:75名
  参加費:無料
  申込方法:往復はがき
   往信文面に代表者氏名、代表者住所、代表者電話番号、参加申込人数(2名まで)を明記の上、
   10月30日(金)必着で下記までご応募ください。
   《宛先》〒728-0021 広島県三次市三次町1691-4 湯本豪一記念日本妖怪博物館 もののけシンポジウム係     

【お問合せ】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館
 ☎0824-69-0111
 https://miyoshi-mononoke.jp

イベントカレンダー

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

Direct Access from Hiroshima Bus Terminal

Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト