トップ > 買う > その他

その他

10件表示

湯本豪一記念 日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム) 

 2019年4月に、広島県三次市に日本初の妖怪博物館「湯本豪一記念 日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)」が誕生しました。
 三次市三次町が舞台となった妖怪物語《稲生物怪録(いのうもののけろく)》とともに、
 民族学者で妖怪研究家の湯本豪一氏が蒐集したコレクションを中心に妖怪資料が展示されています。
 また、妖怪について遊びながら学べるアミューズメントゾーン「チームラボ 妖怪遊園地」も設置しています。
 「お絵かき妖怪とピープル」などのインタラクティブな作品により、子どもから大人まで楽しむことができます。

 日本妖怪博物館と同じ敷地内には、「三次地区文化・観光まちづくり交流館」があり、お客様に自由にくつろいでいただけるスペースや三次の名産品などを販売する売店やレストランもののけダイニングがあります。

 【お問合せ】
 湯本豪一記念 日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム) 0824-69-0111

 三次地区文化・観光まちづくり交流館 0824-62-6150

詳細

江の川パーキングエリア(下り)

詳細

江の川パーキングエリア(上り)

詳細

三江線沿線市町のお土産コーナー 

JR三江線の廃線が決定して以降、これを惜しむ方々が全国から集まり、時には座っての乗車ができないほどの盛況ぶりとなっております。

 

三江線は中国一の長さと流域面積を誇る”江の川”沿いの渓谷美を楽しみつつ三次市から江津市まで旅できる、たいへん見映えのする路線ですが、1日運行本数がたいへん少ないダイヤであり、途中下車して沿線市町を散策することが叶わないのは残念だ、との声が多く寄せられています。

なにか記念になるものでも持ち帰りたいとの思いに応え、三次市観光協会では沿線市町の観光協会と図って地域特産品を集め、「三江線沿線お土産コーナー」として開設致しました。

 

三次駅を出て左へ徒歩2分。三次市交通観光センター1階の三次市観光協会へお越しになれば、三江線沿線市町から厳選して届けられた地域産品をお求めになれます。三江線に乗車される方も、そうでない方も、ぜひ一度ご覧ください。

 

詳細

あせひら乳業のプリン・ヨーグルト 

三和町の大自然の中で飼育された乳牛のミルクを使ったヨーグルトは、素材の味を生かした風味豊かな味。黄金のプリンとともに、全国で人気。

詳細

霧下そば 

昼夜の寒暖の差が大きく、霧深い三次の土地で育まれた、身のしまったそばの実を地元で製粉。三次の麺屋がそばに打ち、味で評判の醤油屋のそばつゆを添えた一品。

詳細

イベントカレンダー

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

Direct Access from Hiroshima Bus Terminal

広島北部エリア周遊キャンペーン