観光百選

三次市街

三次市廻神町の二本松にある牧場で、ジャージー牛を放牧。
二本松は戦後に開拓された地ですが、現在は水田に牧草を植えて一面が牧草地となっている。ジャージー牛は年中放牧され牧草のみで育つが、のんびりと牧草を食べている風景は、近くでは見られない癒しの景観。
ジャージー牛の子牛と触れ合う場もある。自然を満喫しのどかな風景を楽しむ。
また、ジャージー牛の牛乳は、濃厚でとってもおいしい。

詳細

~江戸時代のロマンが湧く山~

 比叡尾山城の築城時期は不明ですが,この地方を支配した三吉氏が戦国時代末期に三次町の比熊山城に移るまで歴代の居城としていました。
 秋のある日に登山したとき,このような風景にであったのでシャッターを切りました。
 これぞ!八次の低い位置からの霧の海です。鉄塔のある山は,高谷山です。
 比叡尾山山頂までの道中,途中にこれは何だろうと考える洞穴などが数か所あり,江戸時代のロマンが湧くところです。登山道は,かなり整備されています。

詳細

~花見に賑わう憩いの場所~

 岡城どんどろ公園は岡城自治会が整備を行ってきた公園です。地域の神社である「貴船神社」の境内にあります。同神社は江戸時代後期に記録された「三次郡上志和地村国郡志書上帳」にも記載されており、その歴史は300年以上もあり由緒ある神社です。
 どんどろ公園の名前の由来は、かつて、この地方で日照りが続き人々が困っていた時、この宮に集まり雨乞いの祈祷を行い、御神体の石を神社の井戸に沈めたところ、どんどろ(雷)が鳴って大雨が降ったというこの地方の言い伝えから名付けたものです。
 公園は地域の人々によって整備が行われ、植樹、案内看板の設置、草刈り、施肥、掃除などが行われています。
特に植樹された桜は満開の時期になるとその美しさは格別で夜にはライトアップされ夜桜も大変綺麗です。
また、この公園からは志和地・秋町方面の眺望がよく、花見の時期には自治会全員で花見を行うなど、地域の人々の憩いの場所となっています。

詳細

作木

ブッポウソウは,「森の宝石」とも呼ばれるとても美しい鳥です。絶滅危惧種ⅠB類に指定されていますが,作木町では飯田知彦氏(農学博士)の指導を受けて巣箱を掛ける保護活動により毎年繁殖するようになり,日本でも最も多くのつがいが確認されるようになりました。
ブッポウソウは夏に南方から繁殖のためにやって来て,作木町では4月下旬から9月中旬頃まで過ごします。
平均4卵程度を産卵し、全て孵化して巣立つことも珍しくありません。
ブッポウソウの観察では,できるだけ驚かさないことや長時間巣箱の近くにいないことが大切です。そのため,JR三江線の伊賀和志駅近くには観察小屋を設置し,ブッポウソウの活動を垣間見ることができます。

詳細

吉舎

吉舎町敷地地区の蜂郷集落は,山間に棚田を残し,のどかな田園風景が広がります。
そこから風景を眺めると,周囲を見渡せ,日々の喧騒を離れ,心休まる時間を過ごすことができます。

詳細

大慈寺は,応永28(1421)年に,南天山城主 和智氏実が創建した禅宗寺院です。
開山の宗綱は,三原市の佛通寺開山愚中周及の高弟であったとい,県重要文化財の観音堂や大般若経など数多くの文化財を所蔵しています。
「秋の夜の そらにこころも すみ渡る 月のひかりも 広沢の池」と詠まれた広沢の池に映る色鮮やかな紅葉,周りの木々や建物とのコントラストも風情があります。静寂の時が流れるままに身をまかせ,ゆっくり過ごすことができます。

詳細

いこいの森は,自然をいかした林間のキャンプ場です。場内には小川が流れ,夏は水遊びや魚とりが楽しめます。
6月にはホタルとアジサイ,秋には,紅葉が楽しめます。

詳細

 吉舎町平田地区には「案山子(かかし)」が住んでいます。
牛を連れた女の子、草刈りに励む女性、畑に向かってなぜかタイを釣りあげる男性など・・・
「にぎやかしに」と地元の方が、昨秋からこしらえました。遊び心たっぷりに地域自慢を連ねております。

詳細

 百数十年前に三次町にある「鳳源寺」のしだれ桜のひこばえ(株から出た芽)を植樹したものと言われています。
 山深い地にある風情ある佇まいの寺と,樹高30mのしだれ桜の咲き誇った優美な立ち姿が織りなす風景は,一見の価値があります。
 参道も,春の桜,紫陽花,秋の紅葉と四季折々に楽しむことができます。

詳細

三良坂

のぞみが丘に入ると数本のエノキが県道脇に見えてきます。
このエノキは灰塚ダム建設時の水没間際に「樹齢四百年のエノキを水没させたくない」という住民の気持ちから移植することになりました。移植しても生き付く可能性はあまりありませんでしたが灰塚のシンボル的な大木を置き去りには出来ませんでした。移植時エノキを「えみき爺さん」と名付け一日がかりで移植しました。残念ながら老木は四年目には芽を出す事はありませんでした。
今はあのエノキの実から芽吹いた子ども達が移植された周りを取り囲んでいます。
移植日は平成17年7月23日

詳細

三和

上山公園は、元々、馬場で、はじめは縦馬場であったが後に廻り馬場になった。戦前は昭和17年招魂祭に競馬が行われたのが最後で、それから戦争が激しくなって競馬は途絶え、馬場の中はサツマイモ畑に変わった。敗戦後、暫くしてから復活し、以前の賑わいを取り戻したが時代の流れには逆らえず昭和29年をもって競馬は姿を消した。競馬は娯楽の少ない当時の田舎では唯一の楽しみで、村一番の人出で賑わった。新婚のお嫁さんは、嫁入りに持って来た一張羅の着物を着飾って参り、人々はお酒やご馳走を持ち寄り、露天商も並び、子供は小遣銭をもらい一日中鎮守の森は歓声にわいた。競馬が途絶えてから馬場は荒廃して昔日の面影はなくなった。その有様を上山老人会の人等、憂いて整備を行われたのが現在の公園の始まりである。公園は平成3年4月上山の人々が慈父の如く追慕していた医師 佐藤博先生の頌徳碑を建立したところ、ご遺族の方より公園の維持にと基金の提供を受け、これを契機に上山公園維持会を設立し、今日に至っている。
馬場の中に今も残っているコンクリートの馬の水飲み場を見るにつけ郷愁をおぼえます。疾走する馬の勇姿を再び見ることはできないと思います。先祖から綿々と受け継いで来た共同体の馬場(公園)を「動」から「静」の四季折々の美しい花の咲く、ゆったりとくつろげる「憩いの広場」として、かけがいのない故郷を残していきたいものです。

詳細

甲奴

~地域のシンボル「影信山」~ 

 影信山は甲奴町の北部(太郎丸)に位置し、標高593.2m町内3番目の高さです。市道から約300m山林の間の登山道を登ると山頂です。
 山頂は眺望もよく、三次・庄原方面、世羅・甲山方面、神石方面と、特に中国山頂の雪景色はすばらしいものです。地域のシンボル的な山で、昔は学校の遠足などで登られていたとのことです。
 以前は立木などで眺望が悪かったのですが、所有者と地域の協力で整備が行われ、現在は山頂に東屋が設置され休憩場所として利用されています。
毎年元旦には「初日の出を迎える集い」が実施され、多くの参加者で新年の門出を祝っています。
まだ、影信山の麓では毎年お盆に合わせて、「とうもろこし収穫祭」が行われ、もぎとり、試食、くじ引きの各コーナーや影信山登山体験でにぎわいます。

詳細