トップ観光百選>> 稲生物怪録

観光百選

稲生物怪録

江戸時代中期に三次を舞台として作られた妖怪物語で、主人公の稲生平太郎が30日間にわたって次々と現れる妖怪に立ち向かい、ついに退散させるという話。
平太郎本人が書いたとされる「三次実録物語」をはじめ、さまざまな古文書や絵巻などが今に伝わる。

  • このエリア一覧へ
  • このジャンル一覧へ

スポット情報