観光百選

歴史・文化

銀の道

道の名称は,時代によって,出雲街道や石州街道,雲石街道,銀山街道など,色々な名称で呼ばれています。出雲街道は、古代から陰陽を結ぶ幹線で、万葉の歌人柿本人麻呂、毛利、尼子の軍勢も通った道で,後鳥羽上皇と後醍醐天皇がいずれも倒幕に失敗し隠岐島へ配流となった時に通ったとも言われています。
また,近世期には、大森銀山の運上銀や銅を運ぶルートとなっており,明治から大正期には、三次や赤名へ往還する荷車で賑わいました。
布野町内では町内を縦断する形で通っていて,市県国道に変わった部分もありますが,当時の面影を残している個所もいくつも現存しています。
そんな場所は,山々の風情や村里の佇まい、人々の生活,旅心が湧いてきます。いくつもの難所を苦労しながら行き来した当時の人々を想像しながら,のんびりとした歩き旅にぴったりのコースです。

  • このエリア一覧へ
  • このジャンル一覧へ

スポット情報