トップ観光百選>文化・歴史> 後鳥羽上皇御陵・後鳥羽院尊儀

観光百選

歴史・文化

後鳥羽上皇御陵・後鳥羽院尊儀

大山の天王山にあり,標識を目印に県道香淀三次線から石段を上がると木立の中に御陵がひっそりと建っています。
『大山国郡志』では,承久年中,後鳥羽院様が隠岐の国へ移られる際,高野山にしばらく逗留されたのち,この地で崩御されたと伝えています。また『浄円寺文書』では,後鳥羽院様が隠岐島を逃れ,この地へ来られて崩御され,法名を「花後林見天雲鳳皇」と称え奉ったと述べています。
周辺の地域には,上皇に関する跡や呼び名として次のようなものが残っています。御遺体を清めるのに使った「ゆかん岩」,人々がその場所から拝んだと伝えられる「はいばら」,上皇をお守りする番所と伝えられる「番僧」,京都から持ち込まれて野生化したと伝えられる「多宝茶」などがあります。
また,作木町香淀字川毛の市道淀峠線沿いには,「後鳥羽院尊儀」という墓碑が建っています。

  • このエリア一覧へ
  • このジャンル一覧へ

スポット情報