トップ観光百選>風景> ブッポウソウ

観光百選

風景

ブッポウソウ

ブッポウソウは,「森の宝石」とも呼ばれるとても美しい鳥です。絶滅危惧種ⅠB類に指定されていますが,作木町では飯田知彦氏(農学博士)の指導を受けて巣箱を掛ける保護活動により毎年繁殖するようになり,日本でも最も多くのつがいが確認されるようになりました。
ブッポウソウは夏に南方から繁殖のためにやって来て,作木町では4月下旬から9月中旬頃まで過ごします。
平均4卵程度を産卵し、全て孵化して巣立つことも珍しくありません。
ブッポウソウの観察では,できるだけ驚かさないことや長時間巣箱の近くにいないことが大切です。そのため,JR三江線の伊賀和志駅近くには観察小屋を設置し,ブッポウソウの活動を垣間見ることができます。

  • このエリア一覧へ
  • このジャンル一覧へ

スポット情報