トップ観光百選>君田> 高幡観音堂

観光百選

君田

高幡観音堂

~観世音菩薩が安置された石洞窟~

 高幡山は、君田を代表する山で、標高665メートルあり、九合目付近に観世音菩薩を安置する巨大な石洞窟があり、昔は山嶽霊場として有名でした。
 この洞窟観音堂は、鎌倉時代以前の山嶽仏教(真言宗=山状)が相当繁栄をした時代があったことが推測されます。
高幡観音には、洞窟に不動明王など35体の仏像が安置され、入口に三面観音、岩屋の上に翼をもった天狗の像、岩屋外に5体の仏像が安置されています。
 この洞窟の前には「山伏の呼び岩」と言われる岩があり、食料がなくなった時には、山伏がこの岩の上から法螺外を吹いたということです。
 昭和初期に、竹下某という法師がこの洞窟内に移住し、奇特な霊視、祈祷をすると言うことで、遠近からの参拝者も多く、洞窟内外へ多数の石仏が寄進されました。
平成4年から観光協会が中心になり、毎年地域住民の協力で「秋季大祭」を山道入口で催し、東山林道からの山道には、石仏が100体も並べられ参列者や登山者の安全を見守っています。 

※平成28年12月20日(火)まで通路の舗装工事により通行が困難です。

  • このエリア一覧へ
  • このジャンル一覧へ

スポット情報