トップ観光百選>甲奴> 二泊三日する神社

観光百選

甲奴

二泊三日する神社

~綱を引くと願いが叶う神輿~

 甲奴町小童にある神社の本殿が、祭礼時にお旅所へ二泊三日します。
この神社は、備後三大祇園と称される須佐神社の祭礼(祇園祭)の最後に参拝者によって綱を引いて移動します。
神社名は波梨賽神社といって、櫛稲田姫命を祭神としています。
 神社の形は八角形の長柄付きで神輿の形態となっていて、往古は担いでいたのですが江戸時代の初めに台車に乗せて綱で引くようになりました。この綱を引くと願いことが叶うといわれ多くの参拝者が参加します。
 現在の神社は永年14年(1517)年に製作されたもので、「神輿」として広島県の重要文化財に指定されています。
なお祇園祭は7月第3日曜日から3日間あり、神社は初日と最終日に移動(神幸、還幸)します。

  • このエリア一覧へ
  • このジャンル一覧へ

スポット情報