トップ > 旬の特集 > > 稲生 物怪録

稲生物怪録

《稲生物怪録》は江戸時代中期の三次を舞台とした、稲生平太郎と人間を脅かしにやってきた魔王たちとの不思議な体験をつづった物語です。物語には多くの怪しげな妖怪が現れるだけではなく、現在も実在する場所や、主人公の平太郎をはじめ当時の三次に実在した人物が登場します。この作品が誕生してから絵本や絵巻などさまざまな形態で広範囲に伝えられてきました。それにつれて、物語の内容もまた微妙に変化していますが、いつ、誰が作成したものか、最初はどのような<タイトル>だったかなど、いまだ明確にはなっていない迷の多い作品でもあります。

ストーリーは、寛延2(1749)年の7月1日、旧三次藩の町内で暮らす16歳の稲生平太郎のもとに、突如、怪物姿の魔王が現れ、それ以降、一か月間にわたり、さまざまな怪しげな妖怪によって脅かしに耐え抜きとおしたというものです。伝承されるにつれ、物語の主軸をなす構成要素<三次・寛延2年・16歳>がなくなったり、逆に魔王が去っていく際に<槌>を平太郎に手渡すといった、当初にない内容がつけ加えられたりします。明治以降においても、講談、小説、戯曲作品などに生かされ、最近ではマンガ、オペラ、神楽などにも取り上げられるというように、今日まで伝承され成長し続けている、ある意味で、隠れた<大ベストセラー>な物語です。


三次市三次町に建てられている稲生武太夫の碑。


5日目:目・足のある蟹のような石が部屋にあがりこみ、思わず切りかかる三井権八を押し止める平太郎。


26日目:女の首が飛びまわって、寝ていた平太郎を“なでなで”する怪。


30日目:壁に現れた顔の怪と灰から出てきた大きな頭からミミズを出す妖怪。ミミズが苦手な平太郎だが耐え抜いた。


物語の冒頭で平太郎が百物語をした舞台となった比熊山。