観光百選

三次市街

八幡神社

~地元住民に護られた八幡神社~

 元亀2年(1571),三谷郡辻村八幡社より当字幸利山に勧請しました。元禄15年,当所の甚平吉信が社用地600坪を寄進し,社殿を改築しました。近隣12村の民によって祀られ,境内に末社三字と本地堂があります。大正3年(1914),村内貴船神社ほか5社を合併し,昭和6年(1931)に神楽殿の改築が行われました。
 多くの神様を祀った神社として古くから地元住民が参拝してきました。春と秋に祭が行われ,特に9月の最終土日に行われる秋の大祭では,前夜祭に神楽があり,祭当日には御輿などの神事が行われ,多くの人で賑わいます。神社の清掃も地元の老人会が行い,地域に護られながら,今でもなくてはならない神社として多くの地元住民に親しまれています。

  • このエリア一覧へ
  • このジャンル一覧へ

スポット情報