トップ > 見る・遊ぶ > 歴史・文化 > 三次の鵜飼(6月1日~9月10日)

三次の鵜飼(6月1日~9月10日) 

0824-63-9268 (fax)0824-63-1179

ホームページ

幻想的な世界へと誘う、真夏の夜の歴史絵

カテゴリ一覧へ

三次の夏の風物詩である「鵜飼」。潜水して魚を捕まえる鵜の習性を利用した伝統漁法で、「古事記」などにも登場している。平成27年4月27日に広島県無形民俗文化財に指定される。例年6月1日〜9月10日に三次市の馬洗川で行われ、遊覧船からその幽玄な歴史絵を楽しむことができる。

サービスデー(乗合乗船料金が安くなる)、こども優待パック、宿泊パックなど、夏の夜を満喫できるプランが盛りだくさん!
詳細・ご予約は三次市観光協会へお電話・FAX・来所でのお申込を。

詳しくは→三次の鵜飼

インフォメーション

電話番号 0824-63-9268 (fax)0824-63-1179
住所 三次市十日市親水公園内・鵜飼乗船場
営業・受付時間 【運行時間】 鵜飼:受付19時00分◇乗船19時30分~約1時間 ※荒天時・河川濁水時をのぞく毎夜運航。 ※受付後乗船できます。
利用料金 【鵜飼】 乗合乗船料金(日~木):大人(中学生以上)3,000円、子ども(小学生)1,500円 貸切乗船料金:11人乗り30,000円、腰掛船(10名乗り)32,000円※金・土曜日は料金が異なります、ご注意ください
定休日 鵜飼まつり6月3日(土)、みよし市民納涼花火まつり8月19日(土)は、一般のご予約を承っておりません。※みよし市民納涼花火まつりが中止になった場合は9月2日(土)に延期になります。
駐車場 50台
その他 詳しくは三次市観光公式サイト http://miyoshi-kankou.jp/?p=293