トップ > お知らせ > 【5/1-6/16】妖怪のかたち…

【5/1-6/16】妖怪のかたち 魔像三十六体と百体の謎2020年02月26日(水)

旬の特集

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、
当面令和2年4月30日(木)まで臨時休館とさせていただきます。

 闇にうごめく不思議な気配、人智を超えた自然の力へのおそれ――かつて妖怪は、それらを源とし、人々の想像力によって生みだされました。そして人々は、妖怪のすがたを描き、ときに教訓とし、またときに楽しみとしながら、共に暮らしてきました。妖怪はやがて造形化され、かたちを持った像として作られるようになります。妖怪をかたどった「かたち」からは、災いを避けたいと妖怪に祈った人々のこころや、妖怪と遊び親しんだ人々のすがたが見えてきます。
 本展では、妖怪立像36体「魔像三十六体」と妖怪座像100体をはじめとする珠玉の妖怪造形コレクションを一堂に展示し、妖怪のかたちの魅力を紹介するとともに、人々がなぜ妖怪の造形を求めたのか、その原動力を探ります。

【会期】
 2020年3月12日(木)~6月16日(火)
 (3/5-3/31の間、臨時休館)

【場所】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館
 (三次市三次町1691-4)

【休館日】
 毎週水曜日(ただし4/29、5/6は開館)

【開館時間】
 9時30分~17時(入館は16時30分まで)

【会場】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館 企画展示室

【入館料】
 一般 600円(480円)
 大学生及び高校生 400円(320円)
 中学生及び小学生 200円(160円)
 ※( )は20名以上の団体
 ※企画展・常設展は共通のチケットです

【関連イベント】
 ■もののけギャラリートーク
  日時:4月5日(日)、4/29(水・祝)、5/10(日)各日14:00~(約30分)
  学芸員が、常設展示室・企画展示室をご案内します。
  ※申込不要。参加費無料。ご参加には当日の入館券が必要です。

 ■もののけ博士に聞いてみよう!
  日時:5月5日(火・祝)10:00~15:00
   もののけ博士(学芸員)が展示室に登場!妖怪のことをなんでもきいてみよう!
  対象:未就学児~小学生(大人の方も参加可)
  ※申込不要。参加費無料。ご参加には当日の入館券が必要です。

 ■もののけワークショップ「妖怪フィギュアをつくろう」
  日時:5月24日(日)10:00~ ※材料がなくなり次第終了
   紙ねんどでかたちをつくって、オリジナル妖怪フィギュアをつくろう!
  講師:吉田狐稚氏(彫刻家)
  対象:どなたでも(小学生以下は保護者の同伴が必要です)
  定員:先着30名
  参加費:100円
  会場:三次地区文化・観光まちづくり交流館
      平太郎サロン(博物館となり)
  ※申込不要。当日、随時ご参加を受け付けます。
    よごれてもよい服装でお越しください。

 ■同時開催「春の常設展」
  期間:6月23日(火)まで
  常設展示室「日本の妖怪」「稲生物怪録」「チームラボ妖怪遊園地」も引き続き展示中。  


【お問合せ】
 湯本豪一記念日本妖怪博物館
 ☎0824-69-0111
 https://miyoshi-mononoke.jp

イベントカレンダー

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

Direct Access from Hiroshima Bus Terminal

Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト