トップ > 見る・遊ぶ

99件表示

福泉坊のしだれ桜 

見ごろ:4月上旬~4月中旬
場 所:布野町上布野福泉坊

福泉坊のしだれ桜の特徴は,横に向かって大きく張り出す枝をもつことです。
そして,枝先は地面に届きそうなほどです。
福泉坊を包みこむように咲くしだれ桜を,是非ご鑑賞ください。

詳細

ユキワリイチゲ自生地 

三次市のきさ安田パークゴルフ場付近で、2月中旬から3月中旬にかけてユキワリイチゲを見ることができます。
ユキワリイチゲは,早春に、雪を割って一輪の花(一華)をのぞかせることから、雪割一華(ユキワリイチゲ)の名がつきました。
昔から自生しており、がく片が白色(多くは薄紫色)でめずらしい品種です。
晴天の日の11:30~15:30ごろにお越しください。

詳細

大楽寺のしだれ桜 

見ごろ:4月上旬~4月中旬
場 所:吉舎町敷地

三次市吉舎町敷地の大楽寺でしだれ桜を見ることができます。
この桜の起源は、百数十年前に、三次町にある「鳳源寺」のしだれ桜の株から出た芽を植樹したものです。
風情ある佇まいの寺と、樹高30mにもおよぶ優美な立ち姿のしだれ桜が織り成す風景を是非ご覧ください。

詳細

節分草自生地 

2月中旬から3月中旬にかけて、きさ安田パークゴルフ場付近で、節分草をみることができます。
春に芽をだし節分の頃に花を咲かせることから、セツブンソウ(節分草)の名がつきました。
直径2cmの白い花(がく片)が咲きます。
自生地の環境破壊、山林管理が手薄になったことや乱獲によって絶滅の恐れがある希少な植物の一つです。
人気の高い節分草の自生地にぜひお越しください。

詳細

三次きんさい祭(7月) 

「きんさい」とは三次地方の方言で「いらっしゃい」の意味。
参加しに来んさい、観に来んさいとの意味。三次きんさい祭は、昭和51年に始まりました。祭のメインとなる大パレードは、毎年50団体以上、約3,000人もの人が参加。パレードの中心となるのは鵜飼をモチーフにした「三次どんちゃん」で、太鼓や篠笛の音、軽快なかけ声とともに練り歩き、街は熱狂に包まれます。

詳細

小童(ひち)祇園祭り(7月) 

1200年の伝統をもつ小童祇園祭りは、備後三大祇園の1つ須佐神社の例大祭で年に1度、3日間のお祭り。
参道にたくさんののぼりが立ち並ぶ中行われる三体神輿や1.3トンもの大神輿、神楽や提灯行列の奉納、重要無形文化財に指定されている矢野神儀と呼ばれる大名行列を連想させる神儀。いにしえの世界に迷い込んだような幽玄な神事が続きます。
この須佐神社では毎年1月、江戸初期から伝わる弓神事「的弓祭(まとうさい)も行われています。

詳細