トップ > 見る・遊ぶ

95件表示

香淀の大イチョウ 

香淀迦具神社境内にあり、樹高約32m・最大枝張32m・胸高幹囲7.28mの大木。また、ここのイチョウは、ラッパ状になった珍しい葉をつけることで知られ、訪れる人も多い。

見頃:11月下旬

詳細

頼杏坪役宅(運甓居)、三次社倉 

頼山陽の叔父、頼杏坪が三次町の町奉行となり三次に役宅を構えた建物が運甓居。また、運甓居の近くの棟の高い古びた土蔵風の建物が三次社倉。いづれも「県史跡」の指定を受けており、県内でもまれな貴重な建築。

詳細

照円寺の孔雀松 

推定樹齢350年。三次市指定の天然記念物で根回りは2mを超え、枝ぶりは200㎡にもわたっている。

詳細

灰塚ダム 

総貯水量5,210立方メートル灰塚ダムは、人と自然の共生をテーマにさまざまな取り組みを行っています。
なかでも平成19年に完成した日本最大級のビオトープ「知和ウエットランド」は荒廃が予想された洪水調整区域を、大規模な人工湿地として整備。水生生物、湿生植物を活用し、鳥類の生息地や雑木林、棚田の再生・復元を目指しており、今ではコウノトリも飛来しています。
その他の周辺地域も季節ごとの美しい景観に恵まれており、レクリエーション施設が点在しています。

詳細

森の宝石 ブッポウソウ 

三次市は、ブッポウソウが日本で一番住んでいるまちで、特に自然豊かな作木町のなかでも伊賀和志地域で多く見ることができます。
ブッポウソウはたいへん美しい鳥で「森の宝石」と言われており、シーズン(5月~9月)にはカメラを持った大勢の人が、県内外から訪れています。

詳細

イベントカレンダー

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

ぶらり中国ドライブパス2017