トップ > 見る・遊ぶ > その他

その他

13件表示

吉舎ふれあい祭り(8月) 

毎年8月15日、街の中心部にある親水公園一帯で開催される吉舎ふれあい祭りは、夏の夜の光の祭典。約5,000個もの大小さまざまな灯ろうが夜の馬洗川を鮮やかに染めて光の川をつくり、辺りは幻想的な空気に包まれます。
手づくりの灯ろうコンテストや盆踊りなどの後、フィナーレを飾る2,500発以上の打ち上げ花火は、間近で見る大輪の光と大音響の迫力を楽しむことができます。

詳細

吉舎辻八幡神社 神殿入(こうぞのり)(10月) 

秋が深まる頃、吉舎町辻八幡神社の伝統神事は幕を開けます。
各氏子が色とりどりの灯ろうを吊るした笹竹を手に、太鼓や鉦を鳴らしながら参道入口に集まります。
その後、神主を先頭に神社に参拝、収穫を終えたばかりの稲田の中の参道を神社へと行列を作ります。
大飢饉の際、豊作を祈願したのがはじまりといわれ、200年以上続くこの深遠なる神事は平成9年、広島県無形民俗文化財に指定されました。

詳細

三良坂陶芸学習舎 

豊かな自然に囲まれて、土と戯れながら自分の思いをカタチにしてみませんか。体験教室も実施(体験料:1.5kgの粘土込み4,000円・要予約)。

詳細

長谷~船佐区間 

長谷駅は一部の列車しか停車しない通称「秘境駅」。隣の船佐駅までの区間は秋の紅葉が間近に見える絶景スポットも。

詳細

三次市観光ボランティアガイドグループ 

名所・旧跡の歴史も含めた説明は、コースに合わせた資料を用意するなど、深いものとなっています。
アンケートでの評価を得て、より良いガイドをできるよう努めます。
目の不自由な方へのガイドも始めました。

詳細

みよし市民納涼花火まつり 

90年以上も前に厳島神社の 「管弦祭」 で
一発だけ花火を打ち上げたのが三次の “花火”のはじまりです。
観覧場所と打ち上げ場所が近いのですぐ間近に見える大輪の花火と三次盆地が作り出す “こだまする音” の迫力も圧巻です。
プログラムも三次の風情をモチーフに毎回ストーリ性たっぷりで会場はたくさんの笑顔であふれます。

詳細

イベントカレンダー

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

ぶらり中国ドライブパス2017