観光PR動画みよしのみよし

最新のお知らせ

 
  • 【7/2-8/16】墨は流すもの -丸木位里の宇宙-(奥田元宋・小由女美術館)
  • 「原爆の図」の作者として広く知られる丸木位里(1901-1995)。妻・丸木俊(赤松俊子)との共同制作である同シリーズは国際的にも高く評価されていますが、位里の画家としての全体像を「原爆の図」だけでとらえることはできません。特筆すべきなのは、昭和10年代に始まる幅広い前衛的な表現の追求、とりわけ水墨を用いた実験的な創作とその成果と言えるでしょう。丸木位里は1920 (大正9)年、「丸木月吼」の名前で第5回広島県美術展に出品したことが知られています。記録として残る最初の公募展への挑戦からちょうど100年となる2020年は、位里の没後25年にもあたります。この節目の年に開催する本展覧会は、これまでの先行研究を土台とし、新知見を加えながら、その画業の全貌を紹介する過去最大の回顧展です。今回は「原爆の図丸木美術館」にご協力いただき、戦後の代表作である「原爆の図」シリーズのほか、関連作家の作品も交えながら、位里の初期から晩年までの代表作を含む約100点を一堂に展示いたします(会期中、一部展示替えを行ないます)。「墨は流すもの」と語り、水墨表現の可能性を追求し続けた丸木位里の「宇宙」をどうぞご覧ください。【会期】 2020年7月2日(木)~8月16日(日) 前期:7月 2日(木)~7月14日(火) 中期:7月16日(木)~7月28日(火) 後期:7月30日(木)~8月16日(日) ※会期中の休館日 : 毎週水曜日(試行)(ただし8月12日は開館)【会場】 奥田元宋・小由女美術館 企画展示室 (三次市東酒屋町10453番地6)【開館時間】 9:30~17:00(入場は閉館時間の30分前まで)【入場料金(常設展+企画展の観覧)】 ●一般 : 1,000(900)円 ●ペアチケット〔一般男女のペアのみ〕 : 1,800円(2名分) ●高校・大学生 : 500(400)円 ●中学生以下 : 無料 ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金 ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方は観覧料無料【会期中のイベント】 ※新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止とさせていただきます。【お問合せ】 奥田元宋・小由女美術館 ☎0824-65-0010 URL:http://www.genso-sayume.jp/index.html
  • 【7/3-8/30】ひろしま遺跡再発見!(みよし風土記の丘ミュージアム)
  • みよし風土記の丘ミュージアム「ひろしま遺跡再発見! -高等学校と広島県の考古学-」 当館では、毎年春の展示会として、県内の遺跡から出土した考古資料を中心に、広島県の原始・古代を知っていただく展示を行っています。 今回は、当館が所蔵する中国自動車道や三次工業団地の建設に伴う発掘調査で出土した資料を紹介します。あわせて、近年当館や歴史博物館の保管となった可部高等学校旧所蔵資料、府中高校考古資料など今まで県民の方の目に触れる機会が少なかった資料を展示し、広島県の考古学と高等学校の関わりについても触れてみます。【会場】 みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館) (三次市小田幸町122)【会期】 令和2年7月3日(金)~8月30日(日) ※新型コロナウイルス感染症の影響で春の展示会の会期を変更しました。【開館時間】 9:00~17:00(入館は16:30まで)【入館料】 一般:200円(160) 大学生:150円(120) 高校生以下・65歳以上無料 ※( )内は20名以上の団体料金【関連行事】※新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては延期・中止する場合があります■展示解説会  日時:令和2年7月26日(日)14:00~15:00      令和2年8月9日(日)14:00~15:00  解説:同館職員■土器・ハニワをつくろう1(材料費400円)  日時:令和2年8月1日(土) 10:00~12:00  定員:20名(小学生は保護者同伴)  指導:同館職員■作ってみよう!古代の首飾り(材料費200円から)  日時:令和2年7月5日(日)、12日(日)、19日(日)、23日(木・祝)      8月8日(土)、15日(土)、22日(土)、29日(土)     いずれも10:00~15:00  指導:同館職員【お問合せ】 みよし風土記の丘ミュージアム ☎0824-66-2881
  • 【7/26-9/27】特別企画展 RartS exhibition2020(美術館あーとあい・きさ)
  • 三次市出身の双子のイラストレーターによる作品展「RartS exhibition2020」。タイトルの「RartS」には「R=RIYΦ」と「S=syow」の間に芸術を意味する「art」が挟まっています。スチームパンク・サイバーパンク風の廃墟やキャラクター・機械生物が登場する「RIYΦ」の世界観。不思議な生き物やエスニック風衣装のキャラクターが登場するファンタジーな「syow」の世界観。これまでの「RartS」の作品展示のなかでも今回は規模が大きくなっています。アクリル絵具や水彩絵具による手描きイラストからデジタルイラスト、立体造形作品など、それぞれの世界観をお楽しみいただければと思います。【会期】 2020年7月26日(日)~9月27日(日)【会場】 美術館あーとあい・きさ (三次市吉舎町吉舎546-1)【開館時間】 午前10時~午後5時(入館時間は閉館の30分前まで)【休館日】 月曜日(但し、8月10日、9月21日は開館)【入館料】 一 般 400円(300円) 高校生 200円(100円) 65歳以上 300円(200円) ※( )は20人以上の団体料金(一人当たり)  中学生以下及び障害者手帳などの所持者と介助者は無料【関連イベント】 ワークショップ「似顔絵」 ・似顔絵の上手な描き方の秘訣をおそわろう 日時:8月16日(日)10:00~ 場所:吉舎歴史民俗資料館研修室 定員:10人限定(先着順) 参加費:500円 持ち物:描きたい顔の写真(大きめのもの)、汗ふきタオル・飲み物(水分補給のため) 対象:小・中学生  ※お客様の安全を考慮し、イベントを中止する場合がございます。詳しくはお問合せください。【問合せ】 美術館あーとあい・きさ 電話:0824-43-2231
  • 夢が叶鵜(かなう)ぬいぐるみ 入荷
  • 三次の夏の風物詩「三次の鵜飼」を、いつでもあなたのお手元に。三次市観光協会では、鵜のぬいぐるみ「叶鵜(かなう)」ちゃんを入荷し、三次市交通観光センターの観光案内所にて発売しました。かわいい外観ではありますが、目の色や羽の模様など細部の特徴もよく捉えた、非常に良い作りのぬいぐるみです。大小の種類があり、サイズ・価格は以下の通りです。 大:高さ約32cm、2970円 小:高さ約20cm、1980円(共に税込)小さい方はボールチェーン付きで、500mlペットボトルよりやや小さいくらいのサイズ感ですので、キーホルダー的にもお使いいただけます。観光鵜飼遊覧は残念ながら今季の開催を見送りましたが、この「夢が叶鵜ぬいぐるみ」で少しでも三次の鵜飼を身近に感じて頂けたらと思います。
  • 広島の道の駅、オンラインショップ始めました!
  • 県内14の道の駅から人気のスイーツや特産品など、地域の真心がこもった品を詰め合わせて、お届けします!三次市からは、オンラインショップさとやま商店500に道の駅夢ランド布野と道の駅ふぉレスト君田が参加します。『おうちごはん用として』、『一人暮らしのわが子へ』あなたの“お取り寄せ”が、生産者の皆さんへの支援に繋がります。どうぞ、ご利用ください。オンラインショップさとやま商店500
  • ちょい乗りレンタサイクル、出発!
  •  三次に公共交通でお越しになる方のほとんどは、三次駅か、隣接の三次市交通観光センターに降り立つことになると思います。そこからさらに目的地までローカルバス等での移動を要する事も多いでしょうが、目的の方向や必要な時間の便に行き会わないことも少なくありません。 そんな時便利なのがレンタサイクル。三次駅を中心に数kmのエリアに、日本妖怪博物館や尾関山・三次本通りなどの「三次町」、広島三次ワイナリーや奥田元宋・小由女美術館などの「東酒屋町」等の観光地が散在しますが、自転車で巡れば思い思いの時間で観光できます。 また、ビジネスでお越しの方にも、レンタカーを借りるほどではないという向きには好適です。ゆっくり移動しながら三次の街をご覧いただければ、仕事以外の成果も発見できるかもしれません。 三次ワイナリーなどのある東酒屋町等、急な坂を上る道にも電動アシストサイクルなら安心。三次市交通観光センター観光案内所にて、下記要領で普通自転車と共に貸し出しております。以前からの貸自転車に加え電動アシストサイクルを増やし、維持管理コストを加味した新料金にて6月1日から再スタートします。三次駅周辺の「ちょい乗り」移動に、ぜひお役立てください!■設置台数(全てシティサイクル型)  電動アシスト…2台(24インチ)  普通自転車…2台(26インチ、24インチ)■使用料  電動アシスト車…4時間以内:400円、1日料金700円  普通自転車…4時間以内:300円、1日料金500円■利用可能時間  8:30~17:15(三次市交通観光センター観光案内所開所時間)■休業日  年末年始及び季節に一度程度の催事開催日(当HPにて告知します)■注意事項  台数が少ない為、予約取り置きは行っておりません。当日お越しの順に貸出致します。  複数日にまたがっての貸出は行っておりません。当日の営業時間内にご返却ください。  ご利用中、自転車の破損・紛失・盗難などがあった場合は、利用者の負担とさせて頂きます。■問合せ先  (一社)三次市観光協会 TEL:0824-63-9268
  • 【5/21-10/12】妖怪のかたち 魔像三十六体と百体の謎
  • ■令和2年5月21日より再開しました 闇にうごめく不思議な気配、人智を超えた自然の力へのおそれ――かつて妖怪は、それらを源とし、人々の想像力によって生みだされました。そして人々は、妖怪のすがたを描き、ときに教訓とし、またときに楽しみとしながら、共に暮らしてきました。妖怪はやがて造形化され、かたちを持った像として作られるようになります。妖怪をかたどった「かたち」からは、災いを避けたいと妖怪に祈った人々のこころや、妖怪と遊び親しんだ人々のすがたが見えてきます。 本展では、妖怪立像36体「魔像三十六体」と妖怪座像100体をはじめとする珠玉の妖怪造形コレクションを一堂に展示し、妖怪のかたちの魅力を紹介するとともに、人々がなぜ妖怪の造形を求めたのか、その原動力を探ります。【会期】 2020年5月21日(木)~10月12日(月)(予定) (新型コロナウイルス感染症防止のための臨時休館による改訂日程)【場所】 湯本豪一記念日本妖怪博物館 (三次市三次町1691-4)【休館日】 毎週水曜日【開館時間】 9時30分~17時(最終入館16時30分)【会場】 湯本豪一記念日本妖怪博物館 企画展示室【入館料】 一般 600円(480円) 大学生及び高校生 400円(320円) 中学生及び小学生 200円(160円) ※( )内は20人以上の団体料金 ※企画展・常設展は共通のチケットです【お問合せ】 湯本豪一記念日本妖怪博物館 ☎0824-69-0111 https://miyoshi-mononoke.jp
  • 「みよし市民納涼花火まつり」2020年の開催見送りのお知らせ
  • 例年「みよし市民納涼花火まつり」にお越し頂き、ありがとうございます。花火まつり開催日には毎年多数の方がお越しになりますので、会場周辺の大混雑に対応するため広域から警備員の任務に就いていただいていますが、2020年夏季は東京オリンピック・パラリンピックの開催時期にあたります。警備員確保のため時期をずらしての開催も検討しましたが、他市町での花火大会も相次ぎ中止が発表され、観覧客が当花火まつりに集中することが予想されるので、来場者の安全確保の限界を超えると判断し、2020年は開催を見送る決定を致しました。楽しみにして頂いている皆様にはたいへん申し訳ありませんが、どうぞご理解の程よろしくお願い致します。■みよし市民納涼花火まつり実行委員会■(一社)三次市観光協会
  • 2020マツダスタジアム外野指定席チケット【後期特別販売申込受付】を中止します
  •  新型コロナウイルス感染拡大の影響により,プロ野球の開幕延期が続いている状況を受け,マツダスタジアム外野指定席チケット後期特別販売申込受付を中止します。 また既に前期分のチケット引き換えを済まされている方は,払戻を実施しています。三次市観光協会へ来所のうえ,チケット及び住所や本人確認できもの(運転免許証等)をご持参ください。なお払戻期間は,6月14日(日)までです。お問合せ:(一社)三次市観光協会 ℡ 0824-63-9268 三次市十日市南1-2-23三次市交通観光センター1F

詳細はこちら

みよし観光おすすめコース

詳細はこちら

みよしの天気

イベントカレンダー

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

Direct Access from Hiroshima Bus Terminal

Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト