観光PR動画みよしのみよし

最新のお知らせ

 
  • 【9/12-11/4】ヒグチユウコ展 CIRCUS
  • 空想と現実を行き交う自由な発想とタッチで、作品制作のみならず絵本の刊行など幅広い活躍をみせる画家ヒグチユウコ。本展では、自身初となる大規模個展として、約20年の画業の中で描かれた500点を超える作品を公開します。ヒグチユウコが描く猫や少女、キノコ、この世ならぬ不思議ないきものたちが繰り広げる、楽しくもどこか切ないサーカス(CIRCUS)の世界をお楽しみください。【会期】 2019年9月12日(木)~11月4日(月) 会期中休館日:10月9日(水) 開館時間:午前9時30分~午後5時 ※9月13日(金)・14日(土)、10月14日(月祝)は満月のため21時まで延長 ※入館は閉館の30分前まで【場所】 奥田元宋・小由女美術館 (三次市東酒屋町10453番地6)【観覧料金】 一般:1,000円(900円)  ペアチケット:1,800円 高校・大学生:500円(400円) 中学生以下:無料 ※( )内は20名以上の団体及び前売り ※ペアチケットは一般男女ペアが対象 ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は観覧無料【会期内イベント】 ■満月ロビーコンサート  日時:9月13日(金)・9月14日(土)・10月14日(月祝)     いずれも14時~/19時~(2回公演)【お問合せ】 奥田元宋・小由女美術館 ☎0824-65-0010
  • 【10/4迄】第30回みよし市民納涼花火まつりフォトコンテスト募集
  • 【テ ー マ】 令和元年9月14日(土)に開催の「第30回みよし市民納涼花火まつり」で、三次の情景を表現した内容のもの。 ※当初8月31日に開催予定の花火まつりでしたが、大雨により9月14日に延期となりました。【締 切 り】  令和元年10月4日(金)17時必着 ① カラープリントキャビネ (2L版不可)4切(ワイド可)②銀塩プリント(パソコンプリンターでは良質な色が出にくい為)③応募出品数 1人 5作品まで【各  賞】 最優秀賞   1点 30,000円 優秀賞     1点 15,000円 佳作      3点 5,000円【送り先】 〒728-0014 広島県三次市十日市南一丁目2-23 三次市交通観光センター1階 一般社団法人 三次市観光協会内 「第30回みよし市民納涼花火まつり実行委員会」【審査・発表】  選考会を10月中旬に開催、写真専門家および主催者が審査。 発表:入賞者本人に書類通知  並びにCCプラザおよびサングリーンに全応募作品を展示   (審査結果に関する電話等でのお問い合わせはご遠慮ください)【入賞者の注意】 ① 入賞作品のネガ・ポジ・データ等をご提供いただきます。 提出のない場合は入賞は無効となります。   データの場合は原寸サイズの画像ファイルをCD-R等にてご提出下さい。 ② 入賞作品のネガ・ポジ・データの版権は主催者に属します。 ③ 入賞作品は、一般社団法人三次市観光協会並びに   関係機関の広報等に使用させていただきます。   その際、撮影者名をクレジットすることがあります。   記載を遠慮される場合はお申し出を承ります。【お問い合わせ先】 一般社団法人三次市観光協会 TEL(0824)63-9268
  • 【2019/8/10~2020/7/31】縁結び“道の駅セブン”スタンプラリー 
  • 【開催期間】 2019年8月10日(土)~2020年7月31日(金) (抽選は期間中4回実施)【参加道の駅】 島根・広島両県の「道の駅」12駅 大社ご縁広場、湯の川、キララ多岐、さくらの里きすき、おろちの里、掛合の里、たたらば壱番地、頓原、赤来高原、たかの、ふぉレスト君田、ゆめランド布野【応募用紙の配布場所】 広島県内及び島根県内の各対象道の駅及び主要観光施設などにて無料で配布しています。 【スタンプの設置場所】 応募専用スタンプは、各「道の駅」の店舗内に設置しています。 ※押印可能時間は、営業時間内のみです。 スタンプを7つ集めて応募される方へ抽選で毎回15名に特産品セットをプレゼントします。【お問合せ先】三次市布野支所内 R54作戦チーム会議事務局 0824-54-2111 ※受付時間 平日8:30~17:00 (土日祝日及び時間外はお問い合わせをお受けできません。)
  • 【9/7,9/23】上西千波 LOVE&PEACE講演会/コンサート
  • 心の中の故郷。懐かしく優しい思い出はいつまでも心に住み続け、歌となり。第1回:LOVE&PEACE講演会【日時】 2019年9月7日(土) 開場12:30、開演13:00 終演14:00【会場】 三次市民ホールきりり サロンホール【定員】 40名【参加費】 500円【ピアニスト】 鳥岡香里第2回:LOVE&PEACEコンサート【日時】 2019年9月23日(月・祝) 開場12:30、開演13:00 終演14:50【会場】 三次市民ホールきりり サロンホール【定員】 80名【参加費】 500円【ピアニスト】 阿部篤志お申込み・お問合せ・チケット販売 三次市民ホール(株式会社暮らしサポートみよし) TEL:0824-62-2222
  • 【9/15-10/6】積山ミサ作品展(美術館あーとあい・きさ)
  •  日本には江戸時代からの浮世絵水性木版画の伝統があり、19冊紀末にはヨーロッパの印象派の画家達も、その影響を受けました。その後、自画・自刻・自刷の「創作版画運動」が起こり、版表現と技術習得が重要視されてきました。 現在では、デジタルの技術も導入され、版画技法は淘汰や変化を遂げて、版であることの意味や可能性を、ますます考えさせられる時代となりました。 積山ミサは、木版画(凸版)・銅版画(凹版)・リトグラフ(平版)・シルクスクリーン(孔版)の、版画技術4版種全部で制作を続けています。 木版画の彼岸花シリーズと、銅版画などの抽象画を追求・展開しながら、クラシック音楽と絵画のコラボレーションなど、多彩に活動中。 本展覧会では、SlOO号の大型木版画作品を中心に、版画制作にたどり着くまでのデッサン・アクリル画・油絵など、平面絵画の多様性を一堂にご覧頂けます。【会期】 令和元年9月15日(日)~10月6日(日)【会場】 美術館あーとあい・きさ (三次市吉舎町吉舎546−1)【開館時間】 10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)【休館日】 月曜日 ※9/16と9/23は開館【入館料】 一般:400円 65歳以上:300円 高校生:200円【会期内イベント】 ■コンサート「弦楽四重奏演奏会」  日時:9月22日(日)15:00~16:30  曲目:モーツァルト「ディヴェルティメント」kv136第一楽章      チャイコフスキー「花のワルツ」      ヴィヴァルディ「四季」より「花」・「秋」全楽章      ボロディン「ノクターン」      ほか  出演:川本冴夏(ヴァイオリン)      木原美紗子(ヴァイオリン)      岩崎翔太(ヴィオラ)      宮本隆一(チェロ)【アクセス】 JR福塩線 吉舎駅から約1.2km 中国やまなみ街道(尾道道)吉舎インターより約2.5km【お問合せ】 美術館あーとあい・きさ ☎0824-43-2231 
  • 【7/4-9/17】かわいいかわいい妖怪展(日本妖怪博物館)
  • 夏休み企画展「かわいいかわいい妖怪展」古来、妖怪は、自然に対する畏怖や心の不安、闇の中の不気味な気配などから、豊かな想像力のもとに生みだされたものとして、私たちの暮らしのそばに息づいてきました。現在、さまざまな作品や映像等を通して、私たちはいろいろな妖怪たちを見ることができます。その中には、恐ろしい姿かたちに、どこかとぼけた表情や、見た目も愛らしい妖怪の姿があり、親しみやすく魅力的です。江戸時代から現代まで私たちの身近な存在として表現されてきた妖怪の姿を、本展では、愛らしいものを見たときのうれしさや和む気持ち「かわいい」を切り口として、紹介します。「かわいいかわいい『かわかわ』妖怪」、「こわくてかわいい『こわかわ』妖怪」、「きもちわるくてかわいい『きもかわ』妖怪」、「ゆるくてかわいい『ゆるかわ』妖怪」。それぞれの妖怪たちがみせる「かわいい」姿をご堪能ください。【会期】 前期:7月4日(木)~8月6日(火) 後期:8月8日(木)~9月17日(火)【休館日】 毎週水曜日 ※ただし8月14日は臨時開館【開館時間】 9時30分~17時(入館は16時30分まで)【会場】 湯本豪一記念日本妖怪博物館 企画展示室【入館料】 一般 600円(480円) 大学生及び高校生 400円(320円) 中学生及び小学生 200円(160円) ※( )は20名以上の団体 ※企画展・常設展は共通のチケットです【お問合せ】 湯本豪一記念日本妖怪博物館 ☎0824-69-0111 https://miyoshi-mononoke.jp
  • 【9/29】第16回 霧の海開き
  • 四方を山々に囲まれた三次盆地に江の川、西城川、馬洗川の3本の川。秋のは早朝から霧が立ちこめ、標高491mの高谷山から見る雲海は、幻想的・神秘的な世界です。【日時】 令和元年9月29日(日) 朝6時より (予備日:10月6日)【場所】 高谷山霧の海展望台 (三次市粟屋町)【内容】 ・安全祈願 ・きんさいエイドによるトークショー ・シンガーソングライター浦田愛 ライブ【主催】 霧中クラブ【お問合せ】 霧中クラブ事務局(冨士原 080-5610-0754)
  • 【10/27】第61回中国・四国ブロック民俗芸能大会
  • 本大会は、中国・四国地方各地の貴重な民俗芸能を公開して、その価値を広く知ってもらうとともに、民俗芸能の保存や振興、文化の交流、地域の文化振興等に役立てるため開催しております。この機会に、中国・四国各県代表の民俗芸能をぜひ御鑑賞ください。【とき】 令和元年10月27日(日) 午前10時~午後3時30分【ところ】 三次市民ホールきりり (三次市三次町111-1)【入場料】 無料【出演団体】 鳥取県:逢束盆踊り保存会「逢束盆踊り」(鳥取県指定無形民俗文化財) 島根県:海潮山王寺神楽保持者会「海潮山王寺神楽」(島根県指定無形民俗文化財) 岡山県:松山踊り保存会「松山踊り」(岡山県指定重要無形民俗文化財) 山口県:岩国行波の神舞保存会「岩国行波の神舞」(国指定重要無形民俗文化財) 徳島県:井内雨乞踊保存会「井内の雨乞踊り」(三好氏指定無形民俗文化財) 香川県:山本長刀踊保存会「山本長刀踊り」 愛媛県:若山唐獅子保存会「若山唐獅子舞」 高知県:永渕神楽保存会「永渕神楽」(国指定重要無形民俗文化財) 広島県:小奴可地区芸能保存会「塩原の大山供養田植」(国指定重要無形民俗文化財) 広島県:羽佐竹神楽団「羽佐竹神楽」(広島県指定無形民俗文化財)【主催】 第61回中国・四国ブロック民俗芸能大会実行委員会 広島県教育委員会、三次市教育委員会【お問合せ】 広島県教育委員会事務局管理部文化財課 ☎082-513-5021
  • 【4/26-9/29】辻村寿三郎人形館2019年前期企画展
  • 「辻村寿三郎人形館2019年前期企画展」【会期】 2019年4月26日(金)~9月29日(日)【開館時間】 午前10時~午後5時(入館は午後4時半まで)【休館日】 毎週水曜(試行中、5/1は開館)、5月7日(火)【入館料】 一般800(700)円、学生400(300)円、中学生以下無料 ※( )内は10名様以上の団体 ※障害者手帳等ご提示の方無料【期間中イベント】 ■毎月第3日曜にギャラリートーク開催  ジュサブロー工房「木綿兔」より川崎員奥先生をお招きして  人形舞を披露していただきます。  午前11時と午後2時の1日2回、人形舞のほか、展示作品の見どころ解説に加えて、舞台・芸能・歴史など興味深い談話もあります。 ユーモア交じりで堅苦しくなく、観ごたえ、聴きごたえのある、あっという間の30分間です。まずは一度ご体感ください。ドキドキと感動をシェアしましょう!【お問合せ】 辻村寿三郎人形館 ☎0824-64-1036

詳細はこちら

みよし観光おすすめコース

詳細はこちら

みよしの天気

イベントカレンダー

交通アクセス

  • JRで行く
  • バスで行く
  • 車で行く

キリコちゃん公式Twitter

全国「道の駅」連絡会

ひろしま観光ナビ

ぶらり中国ドライブパス2017